Second slide
First slide
Second slide

アラヤARAYA Bicycle

日本の自転車の歴史は、アラヤの歴史でもある。-----日本を走るために生まれた、日本を知り尽くした自転車。

部分イメージ
部分イメージ
部分イメージ
部分イメージ

乗って楽しい自転車を
 日本におけるスポーツ自転車の愉しみ方、自転車創りの文化は、世界に誇れるものがあります。半世紀以上前に欧州からスポーツ車文化を導入し、また近代においてはMTBなど米国発祥の新しい自転車を積極的に取り入れながらも、日本独自の文化を育んできました。

シングルスピードあるいは小径車など、世界に向けた日本発信の自転車があり、また欧州発祥で日本にはぐくまれたツーリング車は、北米あるいはアジアへと波及しています。現在、スポーツバイクが普遍化し、カテゴリーもロード、クロスバイク、MTBに留まりません。

また、伝統的な自転車の美しさも再認識されてきました。使われ方もスポーツ用途だけでなく、ツーリング、通勤、健康志向など、多方面に積極的に利用され、気持ちよく移動することに関心の比重も高まり、より身近なものにもなっています。

ARAYAは今まで、日本人の体格、日本の地形、そして日本人の感性に合ったスポーツ車を提案してまいりました。そして今、独自性のある日本のスポーツ車を改めて見直すこと。またハードを追求するだけでなく、感性をも加え、持って嬉しい、乗って楽しい自転車を目指すこと。ARAYAブランドのテーマです。